造形美を遊ぶ|最高学部2, 4年 造形特論[2021]

《油絵、陶芸、織り、デザイン、木工》


 様々な専門は、おおかた素材と技法によって便宜上の分類を受けているように思う。しかし、それぞれの素材の魅力を、造形美としていかに引き出せるかといったマインドは変わらないはず。より豊かな表現と幅を広げるためには、日々の実験的な視座とその経験の累積を寛容するフィールドが必要ではないか。この授業は、いわゆる“専門的”な取り組みではないが、個々の感性を自由に引き出し、展開する懐をもつことを大切にしている。


*写真をクリックすると作品全体をご覧いただけます



指導|河原弘太郎、酒井恒太