造形特論|最高学部2年[2020]

《グラフィックデザイン/陶芸/テキスタイル/油絵/版画/塑造》


 素材や技法が変わっても作品の中に見られる作者の息づかいは変わらない。むしろ繰り返し出てくる癖のようなものが見えてきて面白い。ついつい知った気になっている自分のことも、造形を通して見てみれば、きっと新しい自分に気づくはず。造形することを楽しみ、もう少しだけ深く入り込んでみよう。


*写真をクリックすると作品全体をご覧いただけます


指導|河原弘太郎、酒井恒太