物語の器|男子部中等科3年[2022]

《本の表紙デザイン》イラストレーション、コラージュなど


 本の表紙をデザインすることは、料理と器の関係を考えることに似ています。著者が心を込めて作った料理(物語)をどんな色や形の器(表紙)によそえば、読者はより楽しく味わってくれるだろうか。シンプルな器?華やかな柄の器?ちょっと意外な素材の器も、その料理に新鮮な印象を与えてくれるかもしれない。そうやって人やモノの気持ちを想像してみることが、なによりデザインするということだ。

 本の表紙は私たちが物語と出会うひとつの場であり、物語へと誘なってくれる扉です。あなたはどんな表紙の扉を開けたくなりますか?


*写真をクリックすると作品全体をご覧いただけます


指導|河原弘太郎、中村知子